fourze

家事の”見える化ツール”と”スマカジ”でイクメン+α

イクメン診断で「かけだしイクメン」と診断された私。

イクメン診断であれば、「子供と1日どのぐらい会話しますか?」とか「家事を進んで手伝いますか?」といった質問がくるのかなと思いきや、「平成24年度に過労死で労災認定を認められた人のうち、1ヵ月の時間外労働時間数が最も多いものはどれでしょうか?」とくるとは(苦笑)

少し違和感を感じた私でしたが、現状を知ることも大事なんでしょうね。

イクメンは「子育てを楽しみ、自分自身も成長する男性のこと。または、将来そんな人生を送ろうと考えている男性のこと」と定義されていますので、女性と同様に育児と家事をこなし、それを楽しみながら、男性自身も成長するということですね。

子育てを楽しむ

女性の場合は今まで当然のように、家事と育児、お仕事をこなしてきたわけですから、これからの時代は「イクメン?無理!」では通用しないかもしれません。

育児が当然のママと、育児をするともてはやされるパパという現状に違和感があるという意見も当然だと思いますし、もっと男性も頑張らないといけないですね。

育児は楽しいので積極的にできるとして、問題は常日頃からの家事。

All Aboutに「家事分担を「見える化」するツール」という記事がありますので、参考にしてみるのもいいかもしれません。
家事ポイント表を使った無理のない家事分担の方法が紹介されているのですごく参考になると思います。

家事分担「見える化」するツール

家事分担を「見える化」するツール
http://allabout.co.jp/gm/gc/388229/3/

 

もちろん家事も楽しみながらでないと長く続きませんので、それには「みんなで家事を楽しくするサイト。スマカジ!」が参考になるかも。
日々家事をしている中での問題解決や、アイデアがレポートとしてたくさん載っていますよ。

スマカジ

みんなで家事を楽しくするスマカジ!
http://www.smakaji.com/

 

できることから少しづつ。
がんばろう!イクメン世代!