fourze

楽しい家庭にはパパの笑顔が必要。香川県高松市の「父子手帳 イクメン道場」

高松市のウェブサイトで「父子手帳 イクメン道場」が配布されています。

こちらは妊娠初期から2歳までの育児書となっていて、各年齢ごとにパパの子育てのポイントと、子供の成長と生活、ママの体調と生活ついて書かれていますね。

父子手帳 イクメン道場
http://papa.takamatsu-rakko.net/?page_id=193

冒頭の漫画で、赤ちゃんが生まれたときの理想と現実が描かれ、そして、いかにママが大変かということがわかるようになっているので、パパも頑張らないと!という気になります。

ママ200人のアンケート結果でパパにしてほしいこと上位を見てみると、子供とのふれあいや、夜泣きの対応、部屋の掃除に料理の後片付けとなっているので、パパでも十分対応できる内容になっているのがわかります。
実際にやるとなると慣れるまでは大変だと思いますが、毎日の習慣になると案外どうってことなくなるかもしれませんね。

年齢別にあるパパの子育てポイントは、「遊ぶ」とか「つきあう」ばかりが目立ちます。先ほどのママがパパにしてほしいこととの関連があまりないような。。(笑)

パパの体験記とかもありますので、他のパパはこんなに楽しんで育児に取り組んでいるんだとか、こんないいことがあるんだなんて発見もありました。

パパとママの実際の声がいっぱい載っているので、ぜひ読んでみてください。
なにか気がつくことや考えさせられることがあると思いますよ。