fourze

和歌山市のイクメン向け育児ガイドブック「和歌山 男の子育て指南本」

和歌山市ではイクメンパパ向けに「父子手帳」を配布していますね。

こちらはPDFファイルではなく電子ブックになっていますので、雑誌のような感じで見ることができます。

和歌山市 父子手帳~和歌山 男の子育て指南本~(電子ブック版)
http://www.city.wakayama.wakayama.jp/menu_1/gyousei/kosodateshien/fushitecyo/

内容的には次のような情報が掲載されています。

・チャート式「あなたは なにパパ?」
・これだけは守るべし 家内安全 和歌旦那七ヶ条
・ママが選んだパパにやってもらいたいことチェックリスト
・オレの育児、僕のふれあい方

和歌山 男の子育て指南本

まず最初に気になる「あなたは なにパパ?」を試してみました。

すると、私は「徳川 吉宗 タイプ」で、「もの静かで何事にも動じない。そして決めるときは決める、父親とはそういうものだ」とのこと。
注意書きとして「だまっていては、伝わらないことだってある。ママや子どもには優しい言葉掛けも必要。」とのこと。

概ねその通り。。端折らず丁寧な言葉掛けが必要だなとは感じていますので、実行しないといけないですね。

そして「和歌旦那七ヶ条」。
「子どもと二人で出かけるべし」とか、「さりげなく家事に参加すべし」、「イクメンを自称するべからず」といった内容で、日頃の心がけとして大事なことが書かれています。

こういうものを普段、自分が目に付くところに貼っておくといいかもしれませんね。

私の場合、自分のやりたいことがあったり、眠たいときに、適当に遊んだり、受け答えをすることがあるんですが、子供ってそういうのがわかるようで、「ちゃんとやって!」とか「ちがう~」と言われることがあります。
私にとって「子どもとの時間を本気で遊ぶべし」は最も気をつけるべきことなのかもしれません。

あとコラムにあった「うんちにびびるな男ども!!」に共感。
お年寄りの排泄介助に比べたら子供のおむつ交換なんて大したことないぞ!と言いたい(^-^)

奈良県のイクメン向け育児ハンドブック「IKUMEN HANDBOOK」

奈良県でもウェブサイトでパパ専用の育児ハンドブック「IKUMEN HANDBOOK for nara papa」を無償で配布していますね。

こちらは妊娠初期から6歳までの章があり、各章でパパができることや心得、体験談が掲載されています。

その時の赤ちゃん(子供)やママの状態も掲載してありますので、現状を全体的に把握したうえで、今、パパとしてするべきことが理解できるようになっているのはいいですね。

イクメンは妊娠初期から始まります。早い段階でパパとしてできることを知っておきましょう。

IKUMEN HANDBOOK for nara papa
http://www.city.nara.lg.jp/www/contents/1390789085613/

奈良県のイクメン向け育児ハンドブック

内容的には一人目のお子さんが生まれたときでも、このハンドブックがあれば、基本的なことを知ることができるような内容になっています。

「ママの復職が近づいてきたら」や「小学校入学に向けて」といったことも取り上げられていますよ。

とりあえずガイドブックを読んで、全体像を把握してから、必要に応じて、育児の知識を掘り下げていくのが手っ取り早いのかなと思います。

こちらもおススメ!

埼玉県の現役パパの書き下ろし。育児はマネジメントだ!「イクメンの素」

埼玉県のウェブサイトで、育児初心者のお父さん向けの育児のヒント集「イクメンの素」が無料で配布されているのはご存知ですか?

現役のお父さんが書き下ろしたヒント集ということで、実際に実践できそうなヒントはもちろん、育児をしていると確実に直面する問題についてもイラスト付きでわかりやすく説明されています。

子供のニーズや、お母さんの本音を知ることから始まり、オムツの交換方法や、子供との遊び方などなど、読んでみて「なるほど~」と思うことばかり。

私の場合、「子どもも楽しめ、自分も得する一石二鳥の過ごし方」や、「その気にさせる!お風呂の入り方」、「子どもが泣いたときの対処法」なんかが、すごく参考になりました。

イクメンの素(もと)
http://www.pref.saitama.lg.jp/site/ikumen/

イクメンの素

話は飛びますが、我が家に長男が生まれたときに、助産師から「お父さんも病院で寝泊りして、育児の基本を学んでください」と言われ、1日だけですが仕事を休んで産婦人科で過ごしたことがあります。

そのときに24時間、助産師の指導のもと、我が子を相手に、抱っこの仕方や、ミルクの作り方、飲ませ方、お風呂の入れ方など沢山のことを体験したのですが、ただ、それでもいざ子育てをしていると、どうしていいのかわからないことがいっぱい出てきました。

こういうときに、現役のパパが書き下ろした「イクメンの素」があればすごく心強いだろうなと思います。

0歳~3歳のお子さんがいるお父さん!ぜひ一度ご覧あれ!
子育てのモチベーションがアップしますよ。

家事の”見える化ツール”と”スマカジ”でイクメン+α

イクメン診断で「かけだしイクメン」と診断された私。

イクメン診断であれば、「子供と1日どのぐらい会話しますか?」とか「家事を進んで手伝いますか?」といった質問がくるのかなと思いきや、「平成24年度に過労死で労災認定を認められた人のうち、1ヵ月の時間外労働時間数が最も多いものはどれでしょうか?」とくるとは(苦笑)

少し違和感を感じた私でしたが、現状を知ることも大事なんでしょうね。

イクメンは「子育てを楽しみ、自分自身も成長する男性のこと。または、将来そんな人生を送ろうと考えている男性のこと」と定義されていますので、女性と同様に育児と家事をこなし、それを楽しみながら、男性自身も成長するということですね。

子育てを楽しむ

女性の場合は今まで当然のように、家事と育児、お仕事をこなしてきたわけですから、これからの時代は「イクメン?無理!」では通用しないかもしれません。

育児が当然のママと、育児をするともてはやされるパパという現状に違和感があるという意見も当然だと思いますし、もっと男性も頑張らないといけないですね。

育児は楽しいので積極的にできるとして、問題は常日頃からの家事。

All Aboutに「家事分担を「見える化」するツール」という記事がありますので、参考にしてみるのもいいかもしれません。
家事ポイント表を使った無理のない家事分担の方法が紹介されているのですごく参考になると思います。

家事分担「見える化」するツール

家事分担を「見える化」するツール
http://allabout.co.jp/gm/gc/388229/3/

 

もちろん家事も楽しみながらでないと長く続きませんので、それには「みんなで家事を楽しくするサイト。スマカジ!」が参考になるかも。
日々家事をしている中での問題解決や、アイデアがレポートとしてたくさん載っていますよ。

スマカジ

みんなで家事を楽しくするスマカジ!
http://www.smakaji.com/

 

できることから少しづつ。
がんばろう!イクメン世代!

イクメン度診断をしてみよう!自信満々でいざ勝負!

今回は、私のイクメン度を検証してみたいと思います。

子供の世話は毎日の事だし、一緒に遊んだり、保育園の行事も積極的に参加しているので、私ならそこそこ良い結果出せるだろうと自信満々でいざ挑戦!!

ちなみに今回のイクメン度チェックはイクメンプロジェクトの診断で行いました。

 

イクメン度チェック

さて、早速、診断スタート!!

 

診断スタート

評価は4段階で、上はイクメンマスターから下は見習い中イクメンまで。
問題は全部で20問あり、その中から8問出題されるとのこと。

ま~私の場合、イクメンプロまではいかなくても、素敵なイクメンパパは確実でしょ!と思いながら診断開始。

 

第1問

第1問
平成24年度に過労死で労災認定を認められた人のうち、1ヵ月の時間外労働時間数が最も多いものはどれでしょうか?

ん?!

 

第2問

第2問
平成24年度に全国の児童相談所に相談のあった児童虐待件数(速報値)は、過去最高を記録しました。果たして何件だったのでしょうか?

意外と難しい?!

 

第3問

第3問
虐待が行われていることを発見した場合、児童相談所等への通報義務は誰にあるでしょうか?

これは発見した人じゃないかな・・・。

 

第4問

第4問
パパの育児休業取得者を増やすことを目的に、育児・介護休業法及び雇用保険法が2010年と2014年に改正されました。次のうち誤っているものはどれでしょうか?

ん?!(汗)

 

第5問

第5問
法律で定める育児短時間勤務制度が適用されるのは、何歳未満の子どもまででしょうか?

え~っと・・・(汗)

 

第6問

第6問
6歳未満児のいる日本の父親の家事・育児関連時間は1日当たり約何分でしょうか?

これぐらいかな・・・。

 

20140904i

第7問
次世代育成支援対策推進法では、行動計画を策定し、その行動計画に定めた目標を達成するなどの一定の要件を満たした場合、認定されれば次世代認定マークを使用することができますが、そのマークの名称は何でしょう?

マーク?なにそれ・・・。

 

第8問

第8問
育児・介護休業法で定められている「子の看護休暇」について、次のうち、正しい説明はどれでしょう?

これかな・・・(汗)

ということで診断終了。

 

結果

結果は「Cランク」の、かけだしイクメンでした(苦笑)

いや~お恥ずかしい。

これからしっかり勉強します。。