fourze

和歌山市のイクメン向け育児ガイドブック「和歌山 男の子育て指南本」

和歌山市ではイクメンパパ向けに「父子手帳」を配布していますね。

こちらはPDFファイルではなく電子ブックになっていますので、雑誌のような感じで見ることができます。

和歌山市 父子手帳~和歌山 男の子育て指南本~(電子ブック版)
http://www.city.wakayama.wakayama.jp/menu_1/gyousei/kosodateshien/fushitecyo/

内容的には次のような情報が掲載されています。

・チャート式「あなたは なにパパ?」
・これだけは守るべし 家内安全 和歌旦那七ヶ条
・ママが選んだパパにやってもらいたいことチェックリスト
・オレの育児、僕のふれあい方

和歌山 男の子育て指南本

まず最初に気になる「あなたは なにパパ?」を試してみました。

すると、私は「徳川 吉宗 タイプ」で、「もの静かで何事にも動じない。そして決めるときは決める、父親とはそういうものだ」とのこと。
注意書きとして「だまっていては、伝わらないことだってある。ママや子どもには優しい言葉掛けも必要。」とのこと。

概ねその通り。。端折らず丁寧な言葉掛けが必要だなとは感じていますので、実行しないといけないですね。

そして「和歌旦那七ヶ条」。
「子どもと二人で出かけるべし」とか、「さりげなく家事に参加すべし」、「イクメンを自称するべからず」といった内容で、日頃の心がけとして大事なことが書かれています。

こういうものを普段、自分が目に付くところに貼っておくといいかもしれませんね。

私の場合、自分のやりたいことがあったり、眠たいときに、適当に遊んだり、受け答えをすることがあるんですが、子供ってそういうのがわかるようで、「ちゃんとやって!」とか「ちがう~」と言われることがあります。
私にとって「子どもとの時間を本気で遊ぶべし」は最も気をつけるべきことなのかもしれません。

あとコラムにあった「うんちにびびるな男ども!!」に共感。
お年寄りの排泄介助に比べたら子供のおむつ交換なんて大したことないぞ!と言いたい(^-^)